2015年08月31日

送風機の夏。

夏になると工作をしたくなるのは義務教育のせい。
こんなのをつくりました。

CNvjM8HUcAAmOce.jpg

左から、
2角度サーキュレーター、
固定角サーキュレーター、
卓上有圧送風機。


基礎部材は例のごとく、針金ハンガー。
最初から常用角度をリサーチした固定角型は、冷房能率マキシマム。大変好評を博しました。
2角度型に使っているファンは、かつて冷蔵庫とか作った(まとめたページがあったのですが消してしまいました。ご要望あれば復活しますヨ。)頃の日本サーボのファンです。軸受けがボールベアリングなのでちょいと耳障り。
この2つのサーキュレーターはいずれも床において使います。ホコリを巻き上げることになるので、こまめなお部屋のお掃除は必須となります。

CNvj1NZVAAYFnGK.jpg

卓上機は抵抗制御による三段階風量調節機能付き!
あ、ちなみにこれも例のごとく冷蔵庫制作時の部品転用です。
当初は無断階だったんですが、変圧に際して可変抵抗を常用すると抵抗が焼けてしまいます。そこでレギュレーター回路を作るという方向が考えられますが、レギュレータは12V入れても最大で10.5Vくらいしか出してくれません。対し、シロッコファンの旨味は、8.5Vあたりから12V目一杯のあたりにあります。そして、可能な限りシンプルに作りあげたい。そこで!
セメント抵抗の採用となりました。最弱モードにおいては抵抗器がポッカポカになります(笑)。でも吹き出す風はちゃんと涼しく、シロッコファンによる有圧送風なので指向性にも長けています。

以上、夏の工作でした。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。