2012年12月02日

大納会

IMG_000761.png

大納会の三本締めでヒリヒリ。
美味しい年越し蕎麦をいただきました。
ちなみに建物は旧東証。




1770215_925236906_150large.jpg

1770215_925236904_27large.jpg

こちらは2010年、はやぶさの川口教授がゲストでいらした時の大納会。

posted by mao9821 at 23:48| Comment(0) | ILLUST

冬の銀座

ginza.png

冬の銀座は大好きです。

特に、11月の終わりから冬至に向かって、午後5時ころから紺色にベタ塗られる空が広がります。そしてそれは、大好きな和光の時計台を一段と引き立てるのです。

あの感動を最も的確に表現できるのは、個人的にはお絵かき掲示板だと思っています。

ちなみに蝶結びのイルミネーションデザインは、以前、おとなりのミキモト真珠がやっていたものです。好きでした。


ginza-text.png


posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2012年04月08日

鉄道唱歌

tetsudousyouka.jpg

汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり
 愛宕の山に入り残る 月を旅路の友として


 で始まるピョンコ節の名曲。
 以前は特急の放送ジングルでよく流れました。(今でも希に流れます)
 歌詞は次いて・・

右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ
 雪は消えても消えのこる 名は千載の後までも

窓より近く品川の 台場も見えて波白く
 海のかなたにうすがすむ 山は上総か房州か

梅に名をえし大森を すぐれば早も川崎の
 大師河原は程ちかし 急げや電気の道すぐに

鶴見神奈川あとにして ゆけば横濱ステーシヨン
 湊を見れば百舟の 煙は空をこがすまで


 と、わずか2分、
 崎陽軒のシウマイをチンしてるうちに横浜到着!
 東海道最速!飛行機より速い!そして−

七度うまれて君が代を まもるといひし楠公の
 いしぶみ高き湊川 ながれて世々の人ぞ知る

おもへば夢か時のまに 五十三次はしりきて
 神戸のやどに身をおくも 人に翼の汽車の恩


 と、約30分(笑)ほどで神戸に到着いたします。
 その間に、いにしえの史跡と地理がガッチリ網羅!
 更に、

夏なほ寒き布引の 瀧のひゞきをあとにして
 神戸の里を立ちいづる 山陽線路の汽車の道


 と、山陽線路にお乗り変えしますと・・

日清戰争はじまりて かたじけなくも大君の
 御旗を進めたまひたる 大本營のありし土地

世界にその名いと高き 馬關條約結びたる
 春帆樓の跡とひて 昔しのぶもおもしろや


 時事ネタ満載!!!
 ちなみに馬関条約とは、下関条約のことであります。
 そして旅程は一路九州へ。
 いざ東京からわずか小一時間wで熊本、長崎へ到着する唱歌。
 カラオケで歌うと、全6集374番はあまりに長いので横須賀まですらも入っていません。(笑)
 ちなみに横須賀・・

汽車より逗子をながめつゝ はや横須賀に着きにけり
 見よやドックに集まりし わが軍艦の壯大を


 この格好よさである。
 ナマの三笠がイワキの煙を吐いているようではないか!
 いや、作曲時の1900年では三笠は未だ就役していない。 そう、日露戦争前夜なのである!
 『坂の上の雲』の主人公たちが確かに生息している真っ最中なのだ!!
 未だ帆走マストを残す初代扶桑とかを見たはずである!!!

 ・・などと聴いてると、駅弁買い占めて東海道線に乗りたくなる大好きな唄です。

以上を要約します(笑)

♪汽笛一声新橋を・・

旧人類なら誰もが知ってるピョンコ節134番分のエクスタシーを、

可能な限り押し込んでみました。



コミティア100に参加されたヤスヒトさんのご本に寄稿した作です。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2012年03月24日

無題おさげさん

1770215_1577176241_11large.jpg


posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2012年01月01日

乾為天 2012

keniten2012.jpg

大いなるかな乾元、万物資りて始む。乃ち天を統ぶ。
雲行き雨施し、品物形を流く。
大いに終始を明らかにすれば、六位時に成る。
時に六龍に乗って以て天を御す。
乾道変化して、各々生命を正し、大和を保合す。
乃ち利貞なり。首として庶物に出でて、万物ことごとく寧し。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2011年10月05日

スティーブ・ジョブズ

IMG_000736.png

(似なくてすみません。)
個人的にはそれほど思い入れのある方ではありませんでしたが、ただ、その鋭い眼光と、「1000の事にノーと言う必要がある」という言葉はとても心に響いていました。あるいは、ものを作るひとたちが小さなことにこだわり始めて全体を喪失してしまうようなところで、他人の評価など微塵も介さず独裁帝国の勢いで本質を追求する姿勢は、私は嫌いじゃありません。ナーナーより絶対にいい。

「1000の事にノー」
その勢いを借りて、以前から肌に合わなかったpixivをやめたのも丁度この日。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2011年08月26日

コクリコ坂の感想は…

gokigenyouhikawamaru.jpg

http://mixi.jp/view_diary.pl?via=content_link&owner_id=1770215&id=1767553470
こんな感じ。
たぶん好きなジブリ作品としてダントツに踊りでたかもしれません。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2011年06月05日

無題

1770215_1160652567_49large.jpg

IMG_000744.jpg

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2011年05月30日

ある投機家の視点

livermore.png

 You will recall not so many years ago it was considered safer to have your money invested in the New York, New Heaven & Hartford Railroad than to have it in a bank. On April 28, 1902, New Haven was selling at $255 a share. In December of 1906, Chicago, Milwaukee & St. Paul sold at $199.62. In January of that same year Chicago Northwestern sold at $240 a share. On February 9 of that year Great Northern Railway sold at $348 a share. All were paying good dividends.
 Look at those "investments" today: On January 2, 1940, they were quoted at the following prices: New York, New Haven & Hartford Railroad $.50 per share; Chicago Northwestern at 5/16, which is about $.31 per share. On January 2, 1940, there was no quotation for Chicago, Milwaukee & St.Paul - but on January 5, 1940, it was quoted at $.25 per share.
 It would be simple to run down the list of hundreds of stocks which, in my time, have been considered gilt-edge investments, andwhich today are worth little or notiong. Thus, great investments tumble, and with them the fortunes of so-called conservative investors in the continuous distribution of wealth.

 かつて、資産を銀行に預けるよりも、ニューヨークニューヘブンアンドハートフォード鉄道の株を買うほうがヨシとされた時代があった。1902年4月28日、同社の株式は255ドルで商われている。1906年12月には、シカゴミルウォーキーアンドセントポール鉄道は199.62ドルで商われ、1月には、シカゴノースウェスタンは240ドルだった。2月9日には、グレートノーザン鉄道は348ドルで商われており、いずれも良好な配当が支払われていた。
 さて、これらの”投資”銘柄はこんにちどうなっただろうか。1940年発会における価格を見てみよう。ニューヨークニューヘブンアンドハートフォード鉄道は1/2ドルで、シカゴノースウェスタンは5/16ポイント、つまり0.31ドルで商われている。同日シカゴミルウォーキーアンドセントポールは寄りつかず、1月5日に寄りついた価格は、0.25ドルであった。
 このように、かつては確実な投資とされていたものの、今は何の値打ちも無くなってしまった株というのは、挙げたらいくらでもある。かくて素晴らしき投資は瓦解し、いわゆる保守的な投資家の財産は、絶え間ない富の再分配に飲み込まれていくのである。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2011年01月19日

fuyu2011.jpg

2010年春先あたりから時々、そして震災直前は自分でも信じられないほど異様な絵を描いていたことが忘れられません。グロを描いて、心地良く感じるのです(普段は感じません)。公開はしませんでしたがこの絵はその派生作。当時、pixivでこの絵がやたら評価されたのも忘れられません。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2011年01月01日

うさぎどし

usagi2011.jpg

卯左水軍の古式ゆかしい出陣式。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2010年11月29日

にっこり・にっぽり

nikkori.jpg

日暮里駅前の桜の木がモデルです。
ついでに、富士見坂横にあった昔の東京製鋲所の屋根をふっと思い出し。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2010年09月01日

ノーマルスーツ

normalsuite.jpg

F91のノーマルスーツは実に良いものです。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2010年08月29日

諏訪の台、微風あり

suwanodai.jpg

「見送りには行けないけど、またハルカと一緒にお神輿見れてよかった。」


左:ハルカ(3日後に留学)
右:ジュン

やりたいのは東東京版「耳をすませば」

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2010年08月17日

便り

tayori.jpg

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2010年04月18日

涙をこえて

かぜ耕士作詞、中村八大作曲

namidawokoete.jpg

かってにジャケ絵。

僕が生まれる9年ほど前のうた。

 この世でたった一度、めぐり逢えるあした、それを信じて
 涙をこえてゆこう、なくした過去に泣くよりは
 涙をこえてゆこう、輝く明日、みつめて!

こんなとびっきり前向きな歌が、大好きだ!

なおこの子たち、当初はこの「涙をこえて」を歌っていたのですが、
描いているうちに、太田裕美さんの「僕は君の涙」を歌い出していました。
そして、

 ♪ぼくーの旅は〜終わる〜

というトコで、
MUSES-Cが再突入軌道一直線に飛んできたようです。
イトカワ微粒子ゲットおめでとう!はやぶさ!

namidawokoete-nontext.jpg

2010/4/18作画
2010/11/27文


posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2009年11月29日

漢方薬を救え!

kanpo.jpg

「もーッ!お年寄りには48番でしょーにっ!」


(政府事業仕分けで漢方薬の保険適用が除外される可能性が出た時に描いたもの。)

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2009年11月27日

今晩飲みましょう

arigatoh2016.jpg

あら、せんせ。

2002/9/28
2009/11/27加筆
2016/3/8加筆

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2009年08月23日

THE INVADER

invader.jpg

友人がiPhoneでやっていた「スペースインベーダー・インフィニティジーン」に感動しました。

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | ILLUST

2009年08月09日

座れる電車

hovertrain.jpg

山手線は今日も廻る。人類の夢と野心を乗せて。

posted by mao9821 at 12:05| Comment(0) | ILLUST