2016年09月30日

海のハンター展

国立科学博物館企画展『海のハンター展』に駆け込みで行きました。
リコーのVR水族館があってお絵かきしてみたのですが‥
(マーカーで描くって気持ち良いものですね)

image.jpeg

image.jpeg
ファンシーでカワユイ秀作が溢れる世界に投入!

image.jpeg
ガオー!食うぞー!!

image.jpeg
尻ヒレを描き忘れた結果、やたら潰れて泳いでました。
なんか、泡と消えていくイメージ。

(VR水族館がどういうものかテレビで知ってたので、この画角でどうなるかやってみたかったのです)


展示は常設展と合わせて実にツボでした。

image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

上から、
悶絶曲率のメガロドン、
ジャバ・ザ・ハットではなくてミナミゾウアザラシ、
派手なカラーリングにかわゆいお顔のハナオコゼ、
ビワアンコウのオスには考えさせられました。

posted by mao9821 at 22:24| Comment(2) | 読み物

2016年03月19日

WACOM BAMBOO Spark は使えるのだろうか

ノートをとろう!紙から(中略)未来へ!ぴかぴか(新しい)
WACOM BAMBOO Spark
http://www.wacom.com/ja-jp/products/mobile-accessories/bamboo-spark

個人的結論、使える。

いつもの友人がご購入あそばされ、試させて頂く機会に恵まれました。shiba氏、いつも本当にありがとうございます。…では、

20160318-1.jpg

BAMBOO Sparkは付属のボールペンに電磁誘導スタイラスのカラクリがついていて、つまり、A5のメモ用紙にボールペン入力、というスタイルとなっています。が、お絵かき脳細胞が冷凍マグロだったのでいきなり描く自信ゼロ。そのためウォームアップがてらに鉛筆でちょっと下描きをしておきます。描き終えたらカプチーノでもすすりましょう。

で。

20160318-2.jpg

付属のスタイラスボールペンを使い、BAMBOO Sparkの懐に抱かれて描き終えました。さてこれがどうなるでしょうか。

続きを読む
posted by mao9821 at 00:27| Comment(0) | 読み物

2016年03月10日

地震予測への挑戦と実例 〜2011年2月25日の体験を記す〜

東日本大震災から5年。犠牲となられた方々に深く追悼申し上げます。

今回記述するお話は、地震予測への挑戦。
あの震災直後から何度も公開することを悩み、そして5年の経過とともに自分の中でまとまりがついたため開示しました。特別に誰かを感化したいといった他意はありません。もしなにかを感じられましても、お考えになられたことに対し私は責任を持つことはできません。また、金融商品の勧誘等を目的としたものではありません。

ただこれは、ノンフィクションです。


さて。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1687743556&owner_id=1770215
当時日記でこのように記録している私は、311震災については事前から強く警戒し続けていた。記述にあるように、最初にして最大の警戒を発しているのが2011年1月11日である。
そして…

続きを読む
posted by mao9821 at 19:09| Comment(0) | 読み物

2015年08月31日

送風機の夏。

夏になると工作をしたくなるのは義務教育のせい。
こんなのをつくりました。

CNvjM8HUcAAmOce.jpg

左から、
2角度サーキュレーター、
固定角サーキュレーター、
卓上有圧送風機。

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2015年06月12日

なんとなくゲーテ

mixiの非公開日記を遡っていたら、4年ほど前に書いた小論が出てきた。友人が読んだ処、公開しておけとのことなので、せっかくなので読み物としてココに。ゲーテ『ファウスト』の読書感想文的な何か、と。
 
 

ファウスト伝説とは。

 まずファウストが実在の人物であることから始めなくてはいけない。実在したファウストの記録で最古の物は、1507年、当時の歴史家ヨハネス・トリテミウスが、占星学者ヨハン・ヴィルドゥングに宛てた手紙がそれであり、ファウストの人物像を詳しく述べている。そんなトリテミウス云うところのファウストは、様々な修学を語り放浪するいかさま師であるが、しかし占星術師としてしかと名声を得ていた記録もある(1)。この構図は一種の学術上の衝突を示すものともいえ、似而非学者、オカルト学を魔術や妖術にすり替え、正統学問的オカルト哲学を貶める者、というレッテルでファウストが同時代の学者から評価されていた可能性が指摘される(2)。ともあれ、多くの学問を修めた風変わりな人物というあたりは、やがて、その学識故に「されど自分は自由になれない」という、伝説を始めるに当たっての設定へと昇華し、悪魔との契約による自由度の高い冒険(世界旅行)と奇行の物語となる。そして実在のファウストが、一説に錬金術の実験中に爆死したのではないか(3)、と記録された壮絶な最期は、悪魔との契約が履行されるクライマックスとして描かれていく。かくて伝説は形作られ、時の民衆本として流行したのであった。

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2015年05月20日

スティック型PC

先ほど沖縄から上京してきた友人と秋葉原にいて最新のスティック型PCの話になったので‥
2007年頃、私自身がこのアイディアをまとめていたことをふと思い出し。そういえばこちらでは公開していなかったな、と。

435773638_196.jpg

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=435773638&owner_id=1770215
(mixi・当時の日記を公開リンクにて)

当時インテルのサイトを色々見ていたら、今となっては実に懐かしいP55C、通称 MMX Pentium が、エンベデッドシステム用に0.25ミクロンプロセスで作られていたことを知りました。おお!それならばWindows95を走らせてサックサクのメインマシンができるじゃないか!と1997年頃を思いながら、2007年時点で存在していた規格製品の範囲で、可能な限りのコンパクトなPCを考えだしていました。そして、DVIポートプラグの体積くらいにおそらく収まりきるであろう小型PCのアイディアが転がり出たのでありました。

時は流れて去年の暮、HDMIポート直付のスティック型PCが出た時は、ついに21世紀キタコレ!と感動したものです。窓口端末とかExcel事務とか、もはやこれで十二分。さあ!省エネだ!

posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2015年05月19日

ターボコンパウンド掃除機のプロポーザル

諸君、私は掃除機という家電が大好きだ。

だが近年、ダイソンのルートサイクロンテクノロジーによって、我が国産の存在意義が爆砕されてしまった残念を感じている。
(すみません、偉そうなこと言って、ダイソンのDC45の超絶愛好家であります。ごめんなさい。)

ルートサイクロンテクノロジー。
それは、粉体分離器を二重にし、高速分離の第二次遠心分離行程を搭載するダイソン社の鉄壁の特許である。
これの能力は凄まじい。かつて宣伝で、最大分離荷重10万Gとか言っていたが、これは、原子力のウラニウム濃縮技術に肩を並べる。
理論的に言えば、極めて微細な粉塵を空気中から分離するため、排気はあらゆる掃除機の中で最も綺麗である。おならを吸わせても(ry
(ただし実用上での感想としては、必ずしも理論通りではなくて、吸引ファンの回転が上がる1秒未満の世界において、粉体分離器が理論性能に達しない時間が存在する。その時、髪の毛のような大型のゴミが分離行程をすり抜けてきて、吸引器寸前のプレフィルターのところまでやって来る。個人的にはこのプレフィルターがHEPAクラスの高性能フィルタだったとすれば完璧製品だと思っているが、どういうわけかそうじゃない。キャニスター型モデルではそれっぽい製品はあるようだが‥)

しかしだ!!

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2014年10月13日

iPod様スピーカー、ボルトオンライトニングのお話

20141012-4.jpg

さてこれは何をするものでしょうか。

ええ、たしかに元は針金ハンガーですが。

今回は1年半ほど前に作った現物作品の写真記録になります。

続きを読む
posted by mao9821 at 20:48| Comment(0) | 読み物

2014年10月05日

Cintiqの素晴らしき世界

20141005-1.jpg

昨日、渋谷のFabCafeでwacomのCintiqがいじれると聞いて行きました。
直描き液晶タブレットはやっぱり良いものですね。脳内補正でつねに位置決めを強いられるintuosのような通常型タブレットとは、描速が全く違う事になります。喉から足が出てくるほど欲しい。絵が本職なら直ちに買う処ですが、そうじゃないのでいつかはクラウン。

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2014年09月01日

ASUS VivoTab Note 8 は、液晶タブレットになるのだろうか

試してみた。
(※”液晶タブレット”というのは今流行のタブレット型端末のことではありません。本来タブレットというと、純粋なペン入力装置、スタイラスペン入力デジタイザを示します。厳密にはデジタイザはマウス型電磁誘導入力機から来て(ry…)

140901-1.jpg

事の始まりはふらりとヨドバシに行って、ああ、小型のタブレット(BAMBOO改めintuos)、コンパクトで安くていいなぁ。と、試し描きしたことだった。だがそれは、自分が使っているWacom intuos3と性能的には同等のはずなのに、どうにも太さが安定せず不満だった。というもの。店頭PCの良くわからないお絵かきソフトウェアの問題かもしれないから改めて別の環境で試せたら試してみたい。正直、大きなタブレットよりも小型のタブレットでズバズバ描いてしまったほうが、腕のストローク的に楽なんじゃないかと随分前から考えている。そこでだ。

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2014年05月06日

絵を描く人向けの楽ちん印刷法

カラーマネジメントというのは本当に大変である。
画面で認識している色をいざプリントアウトすると絶対に合ってない。
そこで‥

色の話、カラーキャリブレーション
完璧!キャリブレーション

というお話になる。
この、難解だけれどパソコンでというものを扱いたい人が知っておかなくてはいけない酷く難解で難解の難解も難解な話、を、しかし如何にして避けるか、というお話。

unnamed.jpg

(上は、今回の方法で出力したもの。使用している紙は普通紙だが、方向感再現性はかなり高い。色評価用蛍光灯下で、iPod touch 2013内蔵のsRGB準拠のカメラで撮影。Appleの機材は基本的カラーマネジメントが一応成されているため御覧頂いている画像は実際の色、スタート地点の色と方向感は全く同じである。)

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2014年05月03日

最近のテクノロジーに触れた

友人shiba氏がお持ちのiPad Airをお絵かきマシーンにしようとスタイラスペンを激しく吟味され、それは結局苦行に他ならない、という結果に落ち着いたとかで、どれどれ、と楽しませていただきました。

ProcreateというiPad用お絵かきアプリでグリグリ。
このソフト、フィンガーペイントで、それはそれは写真のような絵を描けるソフトらしいのです。が、、問題のスタイラスペン(先端がパネル状のスライダーになっているという激しく奇怪な難解装置。それでも、iPadでスタイラスペンを使う最適解)で描いたわけなのですが、

140503-0.jpg

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2007年05月08日

完璧!キャリブレーション

これは以前mixiに書いた記事の転入記事です。
なお、クドい内容なので、さっさと画面と印刷の色を合わせたいんじゃあ!という方は、
絵を描く人向け楽ちん印刷法
をお試しください。

427395205_99.jpg

(この、こんにゃくみたいな三次元空間がディスプレイの色域。これを岩石みたいなプリンタ(と紙)の色域にいかにして落とし込もうか、という無理難題がカラーマネジメントでありカラーキャリブレーションのゴールであります。)


〜失われしインクと紙と電力に捧ぐ〜


苦節9ヶ月間を通して試行錯誤と七転八倒を繰り返した、家庭用プリンタにおけるカラーキャリブレーションのお話。(´・ω・`) うん、またなんだ、すまない。でも、もし、色についてちょっとばかり疑問を持ったとき、一読してくれればいいと思うんだ。

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2006年08月06日

色の話、カラーキャリブレーション

これは以前mixiに書いた記事の転入記事です。
完璧!キャリブレーションへと続く導入記事です。


192210156_45.jpg

全然浸透していない事実だが、あなたが今まさに見ているパソコンディスプレイの色は、ナナオの70万円くらいする超高級ディスプレイないし、正確かつ定期的キャリブレーションをしていないのであれば、本当の色ではないのである。つまり、写真家やイラストレーターといった制作者が望んでいる色が完全には再生されていないのである。前置きはこのくらいにしよう。

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2006年01月05日

氷川丸のエンジン

title2.jpg

氷川丸の機関室
1930年に竣工し、昭和初期爛漫の北米シアトル航路を走り、凄まじい強運で大戦を生き残って、復興期も忙しく働いた氷川丸。その心臓部、北欧はデンマークのBURMEISTER&WAIN社のディーゼルエンジン、直列8気筒5500馬力が両舷に収まる勇姿をご覧あれ。

続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2002年05月06日

サーバールームをつくろう

この記事は以前HTMLページで公開していたものをBlog記事化して編入したものです。管理省力化のためURLが変わりました。

title1.jpg


騒音と灼熱に苦闘した最終結論
〜サーバールームを建設せよ〜


続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物

2002年05月05日

デュアルCPU機の静音化

この記事は以前HTMLページで公開していたものをBlog記事化して編入したものです。当サイト最長の記事です。管理省力化のためURLが変わりました。

title.jpg

実験・人柱・文・写真・絵:真魚(mao9821)


続きを読む
posted by mao9821 at 00:00| Comment(0) | 読み物